納豆を使った料理で、秋を乗り切る。

納豆を使った料理で、秋を乗り切る。

紅葉が美しい秋の季節。夏や冬のように極端に気温の変化が激しくなく、どちらかといえば、春のように過ごしやすい季節ですね。

過ごしやすい季節なのに、なぜ、「秋を乗り切る」と力を込めたのか?といえば、秋にも夏と同じように「秋バテ」があると聞いたことがあったからです。

主な症状としては体がだるい、食欲がない、めまいや立ちくらみ、なかなか眠れないなどの症状が出るのだそうです。夏の季節、外は暑く、部屋の中は涼しいという寒暖の差が激しい中で生活していると、季節が変わって少し寒くなったり、冷たい飲み物を多く取っていると内臓が冷えて血液の流れが悪くなります。

ではどのような対処法があるのかインターネットで調べて見ました。

私が興味を持ったのが納豆を使った料理です。納豆おろしそうめんが食べやすく、栄養価も満点でおススメします。そうめんと聞くと夏を思い浮かべますが、おつゆを温かくして柔?にすれば体も温まりますね。

納豆おろしそうめん。または柔?ですが、納豆と小口ネギ、大根おろしに擦ったショウガ、そこに大葉を乗せて少し濃い目のおつゆでツルリと食べれば、秋バテを恐れずに秋を乗り切れそうですね。納豆が苦手な方にも、いろいろな具材と一緒に食べることでうまい具合に紛れて美味しく食べられるような気がしました。納豆おろしそうめんを作って、私も秋を乗り切りたいと思います。

コメントは受け付けていません。